当店モバイル窓口担当です。

今回の記事ネタは・・・。

いつもの修理ではなく『腕時計の電池交換』です。

今までで、電池交換依頼の多いお客様は、中年層~高齢の『御婦人方』ですかね。(笑)

 

”レディースウォッチ”って、お洒落なデザインとか多いので、見た目優先な腕時計が多い反面、

メンズ腕時計よりも小型なので、裏蓋を外すのに、

すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく、苦労します。

ここ↑は、声を”大”にして言いたいところ(笑)

 

裏蓋のタイプも『コジアケ』式が多い感じで、他は、『ネジ締め』タイプ、

レディース腕時計で一番少ない裏蓋タイプは『スクリュー式』ですかね。

コジアケ式は、開ける時も面倒で、慣れるのにコツと、経験数が必要です。

『やっとこさ開けられた!』

と、思いきや、今度は『あれ?蓋が閉まらないorz』なんてこともしばしばあります。

特に開封時も締め時も苦労して、出来れば専門の時計屋さんじゃないと無理・・・と、凹むブランド『グッチ』(笑)

”グッチ”は、マジで、開けるのにも締めるのも、個人的に苦手です。

 

メンズブランドでは、”エンポリオ・アルマーニ”

アルマーニ

アルマーニの腕時計は、種類により裏蓋の仕様も異なり、コジアケ式・ネジ締め・スクリュー式全てあります。

アルマーニのコジアケ式裏蓋も、非常にきつく、硬い締め方(恐らく気密性の観点から)になっていて、

ちょっとやそっとでは開けられません。開けたら開けたで簡単には締まりません。

また、スクリュー式、コジアケ式の裏蓋ですと、開ける時に裏蓋にキズが付く場合が懸念されますので、

できれば、お客様の信用できるプロの時計工などに頼られたほうが懸命です。

当店では、防水面での気密性の保証等は、御座いませんので。

 

電池交換が難しい腕時計、もうひとつは『DIESEL』

当店の腕時計の買取で非常に多い腕時計となってます。更に、電池切れ状態の多い腕時計としても

『DIESEL』は、かなりの割合を占めます。

DIESEL

『DIESEL』の場合、裏蓋どうこうよりも、裏蓋を外す前の段階で、バンドを外す際に手間が掛かります。

『DIESEL』の腕時計って、全シリーズ共通して”ゴツイ”タイプなのでまず、バンドを先に外さないと裏蓋を外す作業に取り掛かれない為、

このバンド外しがかなり厄介です。

また、バンドの留め具の『バネ棒』というパーツを外す際、固定されたバネ棒が・・・。

持ち主の愛用期間が長いほど、石鹸カスなどによってバネ棒が埋まってしまってて、ほじくり出すのが大変です。

腕時計によっては、その、バンドを外す作業だけでも心が折れます。orz

 

その後の電池交換そのものの作業時間は5分程度ですが、上記のような厄介なブランドの時計となると

作業時間は未定です。

IMG_0522

上記の記事に買取価格がある場合の注意事項

■ 上記買取金額は浜北鑑定団店頭での買取金額となります。
■ 上記買取金額は完品・美品のものになります。
■ 相場の変動・在庫状況などにより上記金額で買取りができない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。


s-bn_210_30 インターネット店舗『ネットキャッチャー鑑定団』がOPEN!!

PCでスマホでタブレットで、本物のUFOキャッチャーを操作。獲得した景品は無料で自宅にお届けします!!トレカや全巻セットコミックなど「中古アイテム」も揃う、オンラインクレーンゲーム界の新たな刺客「ネットキャッチャー 鑑定団」がOPEN!今なら会員登録で5,000ポイント(約4回分)をプレゼント中!! YouTube公式チャンネル「クレーン_でも」で、操作の説明やクレーンゲーム攻略のコツなどを公開しております!!