毎度です。 モバイル窓口担当です。

新型iPhone8/X の発表、日本時間では9/13になる模様。↓

https://www.iphone13.com/2017/09/apple912iphone8.html

 

ケータイ電話が、毎年”進化”し、電話はもはやただの黒電話というイメージは払拭され、

昭和生まれな自分としては、まったく新しいものだらけになってゆく文化などには、ちょっと疑念を感じてしまいます。

考え方が古いですかね?(笑)ま、年老いてゆくと、その辺考え方が『頑固じじい』的にもなります。(笑)

 

修理でいうと、iPhone6s以降モデルは、L.C.D(液晶パネル)に”3Dtouch”機能が付いている為、

コスト面でどうしても修理代自体もあまり値下がりしません。

今後は解りませんが。

 

その点で、iPhone6とiPhone6sでは、たった『S』の差ですが大きな差となってます。

 

なので、液晶パネルの性能が、より良くなって行くというコトは、扱う側には嬉しい事象でしょうが、

故障時は、それだけコストが掛かった製品が『故障』『異常』になる訳ですから、それ相応のペナルティーとでもいいますか、

表現が適切ではないかもしれませんが、

性能が良くなるだけ、修理も馬鹿にならないってコトです。

 

扱う側は、誰しも故障を想定などしないと思います。まして、新型/新製品なら尚更です。

予測/予期できないから”うっかり”ですし。

 

自分たちのような”非”正規店の修理屋だと、新機種の修理技術の習得までのコストも考慮すると・・・。

けっこう大変です。(笑)

 

『iPhoneX/iPhone8/Plus』の発売により、今後、型遅れとなるモデルは、徐々に修理代は値下がりしていくとは思います。