7-2

先日、何度目かのiPhone7分解。

iPhoneシリーズは、今まで4~7まで分解→組立とやってみましたが、

作業上、一番面倒と感じたのは、iPhone4と4sですね。

個人的に一番簡単なのはiPhone6です。

iPhone7は、構造上、6と共通点の多い構造上レイアウトですが、細かな配線ケーブル類の配置は変更されています。

6では、パネル類と繋ぐケーブルは、上部カメラ周辺に集約されていましたが、

7では逆に、ホームボタン周りに配置変更されてます。

7-3

写真のiPhone7は、ロジックボード(基盤)のsimスロットのエラーにより、simカードを認識しない故障で、

これにより、アクティベートができません。

アクティベート(初期化)が出来ないので、ホーム画面にならない為、ただの鉄くず同然です。

よって、新品換装用パネルが入荷した際などに、パネルチェック用などとして運用しています。

 

この場合、たとえ、AppleIDを入力しようとも、Wi-Fi選択画面から先に進めないエラーで、”リカバリも当然できない”端末ですので

他にはジャンク品・パーツ取り機として使用する程度の使い道しかありません。

 

7-1

また、パネル分離時の作業が不慣れな為、金属ヘラ挿入時に”塗装膜”が剥がれてしまいました。

 

iPhone7もiPhone6s/6sPlus同様、バックカバー周囲に防水シール処理されてまして、

これが6s/6sPlus時よりも粘着力のあるシールになってます。

コツを掴むまでは、この辺、気をつけなければ、といった感じです。

 

それと、こんなものを発注してみました。

2 1

これらは、そのまんまですが、”バックカバー”

つまり、iPhone本体です。

当店では本体の歪み矯正は出来ませんが、曲がったiPhoneの中身を移植することは可能です。

このバックパネル移植については、近々始める予定です。

修理価格は未定。

上記の記事に買取価格がある場合の注意事項

■ 上記買取金額は浜北鑑定団店頭での買取金額となります。
■ 上記買取金額は完品・美品のものになります。
■ 相場の変動・在庫状況などにより上記金額で買取りができない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。


s-bn_210_30 インターネット店舗『ネットキャッチャー鑑定団』がOPEN!!

PCでスマホでタブレットで、本物のUFOキャッチャーを操作。獲得した景品は無料で自宅にお届けします!!トレカや全巻セットコミックなど「中古アイテム」も揃う、オンラインクレーンゲーム界の新たな刺客「ネットキャッチャー 鑑定団」がOPEN!今なら会員登録で5,000ポイント(約4回分)をプレゼント中!! YouTube公式チャンネル「クレーン_でも」で、操作の説明やクレーンゲーム攻略のコツなどを公開しております!!