今回は、昨日のお客様の話です。

時刻は、21時前。

『修理お願いできますか?』

と来店されたお客様、『はい!、、、?ン?』

顔を見ると、どこかで会ったヨウナ、、、。

『あれ?以前も一度、修理しましたよね?』

と確認してみると、

『はい、また落としちゃって(苦笑)』

onepiece3

という訳で、2度目の修理でご来店。いわゆる、”リピーター”ですね。(笑)

 

そのお客様、修理後、前回はいつ来たんだっけ?と誓約書控えを確認すると、3/5でしたので、

前回のタッチパネル交換からわずか2ヶ月未満で、再度タッチパネルの破損・交換依頼でした。

そのお客様は、前回と同じく”iPhone6s:Bランク”のパネル交換になりました。

料金は・・・17800円です。

1

6sなので、防水シールを剥がす作業に、けっこう手間取りました。017

2

お店にとっては、修理依頼者のお客様が”常連客”になって頂けるのは、嬉しいことになりますが、

わずか2ヶ月で修理代に約4万円nami、、、。

∑(・∀・) コワレタ !!

 

ケータイをよく落とす人は、このお客様をある意味、見習うべきところはあるかも???(笑)

手痛い出費でも、後々、”更なる不具合を回避する為の早急な対処”としては、

潔い修理依頼?と言えるかと。(笑)

 

とりあえず、

『今、問題なく使えてるから』パネル割れたまま使い続けるってのは、

ある日突然、

”りんごループ”になって、にっちもさっちもイカなくなって、

解除コード(パスコード)間違えまくって、(タッチパネルに不具合が出るから)

リカバリモードで初期化(データ消失確実)する以外に方法がない・・・。

という、最悪の事態を招く”きっかけ”ですyo?