今日の修理ブログは・・・”iPhone5s”です。

 

出所(でどころ)出所

は・・・買取iPhoneです。

先日、例によって、品出し前の動作チェックにて・・・『スリープボタンの弾力がない』

ってコトは『電源のON/OFFが、やりにくい。』

この段階で、中身をチェックする事は確定。

しかし!

このスリープボタンの不具合・・・直す方の身(立場)としては、少々面倒というのが正直な感想です(笑)

・・・『スリープボタンの修理』を、画像入りで説明して行きます。

1

まず、iPhoneの電源を入れる為には、必ず触れるパーツですね。↑

正確には、ボタン自体は故障も何も不具合はありません。

2

問題なのは、この長い正式名称の

”メタルブラケットアセンブリ/パワー・ボリューム・マナーフレックスケーブル”

が原因でした。(笑)

つまり、『iPhone5s』の場合、スリープボタン/バイブ/ボリュームキーは、内部では繋がっている為

この3つのうち、どれかひとつでも異常をきたすと修理/交換しなければなりません。

しかも、注意すべき点は・・・

バッテリーの下に配線ケーブルが敷かれている為、

この作業をするには必ず、ロジックボード&バッテリーも外さなければならないorz・・・

って事です。

その手間隙掛かる割りに、当店の修理工賃は安め設定なので作業者本人には、あまり良い事はありません(苦笑)

3

『ケーブル剥がし』自体の作業の流れは、画像の番号順の通り。

4

中身は”スッキリ!”sukkiriしてしまいました。(笑)

外した細かなパーツ類↓

5

部品取り用iPhone5sからも同様に”フレックスケーブル”を剥がしておきます。↓

 

6

このケーブル、新品ストックもありますが、”新品ストックパーツは修理依頼のお客様優先”なので、

故障iPhoneからパーツを流用します。クルマで言えば”リビルト品”ってところでしょうか。

ただし、新品じゃありませんけど。(笑)

7

今回のような、スモールパーツの使用箇所の故障/修理依頼は、今のところ過去に1件、問い合わせがあっただけです。

当店の修理料金でいうと、iPhone5s/iPhone5c/iPhone5のスモールパーツ類では、

4800円とお値段はお手頃かと思いますが、

修理所要時間では、タッチパネルやバッテリー交換よりもお時間を頂く事になります。

 

外したケーブル双方を比較してみました・・・。

9+

劣化の激しいボタンの拡大↓

8

これ↑では、押しても、ウンともスンとも効かない訳です。

・・・各パーツを合体!!!合体

 

電源は、スムーズに入りました↓

1112

以上。

スリープボタン/ボリュームキー/バイブボタン交換は、かなり根気の要る作業です。(笑)

 

ちなみに・・・

このリペア”iPhone5s/16GB/利用制限○/SoftBank”の店頭販売価格は、

リペア品(ランクD)11000円(税込)で販売します。この1台限り。

まだ店頭に出して無かったら、店頭で

『ブログ見た』と伝えて下さい。