今年も2月に突入です。突入

本日の修理は・・・。

”iPhone6s”の基盤移植、第2弾。

 

その前に、なんでわざわざ基盤同士を入れ替えるのか?って言いますと?

BODY矯正1

修正可能な向き↑の例。

BODY矯正2

修正不可能な向き・曲げの例↑

 

先日もブログで紹介したとおり、iPhoneをお尻のポケットに入れ、そのまま座ってしまったが為に

折れ曲がったiPhoneは、”当店”では直せません。

折れ曲がりのような歪みの矯正ツールは、業者向けでも販売されてますが、

そのツールの値段が高い為、当店には残念ながら御座いません。

極端に言えば『四角が菱形?平行四辺形にズレた』っていう歪みなら矯正・修正可能です。

 

・・・そんな訳で、

先日買取ったiPhone6s

1

これだと、言わなければ多分気付かれないかも?くらいの歪みですが(笑)

販売する場合、気にするお客様もおられますので、パネルも本体も多少のキズが散見されますし、

パーツ取り兼チェック用のストックに程度の良い6sがあったので、それと、中身の基盤を移植しようと・・・。

2

画像UPにすると、歪みの度合いが解ると思います。↑

3

なので、コイツ↑とコイツ↓のロジックボードを入れ替えます。

4

オペ『オペを始める』

5

 

まずはタッチパネルと本体を分離するのですが、

iPhone6s/iPhone6sPlusには防水パッキンシール処理がされているので、

それ以前のモデルのようには、簡単には開けられません。このシールもそれなりに粘着力がありますので。

6 7

このシール、そこそこ手強い相手です。(笑)

上手く剥がせないので、ほぼ、新品交換確定作業になります。

他の修理業者の中には、この”防水パッキンシール”を貼り忘れるとこもあるようです。

 

8

1台目の6sの基盤取外し終了。↑

2台目の6sも分解↓

9

今回の6sは、2つとも内容量64GB・ボディーカラーが同じで、違いはIMEI番号・キャリア・利用制限あたりでしょうか。

10

これも、何度も言ってますが、ロジックボードとホームボタンはペアになってますので、両パーツ共に移植します。

これが、基盤のみだったり、ホームボタンのみ付け替えると、”指紋認証”が出来なくなります。

移植(移動・交換)は、ちゃんとやったはずなのに、認証が効かないって時は、

ホームボタンの端子の接続が甘かったり、実はケーブル内部で”断線”って可能性が出て来ます。

 

11

で、パネルを本体に合体させる前に、6s/6sPlusには、更にもうひと仕事で、この↑”防水パッキンシール”

を貼り直します。

iPhone7/7Plusほどではないにしろ、実はこのモデルにもある程度の防水機能はあるって事・・・ですかね。

12

で、リペアiPhone販売用が1台、組み上がりました。

もう1台のiPhone6sは、本体に歪みがある上に利用制限が×なので、

店頭に並べても、おそらく、購入するようなお客様は『稀』

よって、店頭チェック用兼パーツ取り機に確定。

そのような、販売目的に該当しない6sの場合は、防水シールは取り敢えず省略です。

Wi-Fi限定用途や、iPodの代替え的な音楽プレイヤーとしてなどの使い道には出来ると思いますが。

 

13-16

組んだら、各種機能のチェックをしますが、

ここでは6sの代表的な機能のチェックだけ掲載します。

これらは、バッテリー交換にしても、タッチパネル交換にしても、

当店では作業後、必ず実施します。

買取ったiPhoneでも、未開封状態の端末を除き、

店頭に出す前には一通り動作チェックしています。

17

 

 

 

 

上記の記事に買取価格がある場合の注意事項

■ 上記買取金額は浜北鑑定団店頭での買取金額となります。
■ 上記買取金額は完品・美品のものになります。
■ 相場の変動・在庫状況などにより上記金額で買取りができない場合がございます。
 あらかじめご了承ください。


s-bn_210_30 インターネット店舗『ネットキャッチャー鑑定団』がOPEN!!

PCでスマホでタブレットで、本物のUFOキャッチャーを操作。獲得した景品は無料で自宅にお届けします!!トレカや全巻セットコミックなど「中古アイテム」も揃う、オンラインクレーンゲーム界の新たな刺客「ネットキャッチャー 鑑定団」がOPEN!今なら会員登録で5,000ポイント(約4回分)をプレゼント中!! YouTube公式チャンネル「クレーン_でも」で、操作の説明やクレーンゲーム攻略のコツなどを公開しております!!