どうも、久方ぶりのモバイル窓口担当です。

本日のブログは、修理依頼に持ち込まれるお客様が、iPhoneいくつなのか?

意外と御存知ない方が多いと感じたので、その区別を紹介してみようと。

7

特に、”iPhone6”シリーズは4種類ある為、

6sなのか6なのか?6sPlusなのか6Plusなのか?本人があまり把握出来てないようです。(笑)

6+

そんな訳で・・・。

1

写真は当店代換機とパネルチェック用iPhone6を4種類並べてみました。

通常サイズのiPhone6&6s↓

2

更に1サイズ大きな”Plus”↓

3

それぞれ、一見しただけでは確かに区別しづらいですね。

本体カバーを見て『S』表記の有る・無しでしか、外見上は区別できません。

4

中を開けて見ると、それぞれ基盤の大きさ、バッテリーの大きさ、各パーツの配置などが4種類毎に

若干異なる仕様になってますので、自分で修理した事が無い人は当然区別が付きにくいと思います。

まぁ、中身が異なる仕様なので、

外見は同じiPhoneと思っても本体価格や修理代金も異なる訳だと理解して頂けると幸いです。(笑)

8『これにて、一件落着!』