本日の1件目の修理依頼は『iPhone6s』でした。

このところ、『iPhone6G』のバッテリー交換が暫く続いていましたので、

タッチパネルのガラス割れ・交換は久々の作業でした。

そのお客様のiPhoneは、外観はフツーのiPhoneですが、中身を開けてクリビツ。失礼しました、ビックリしました(笑)

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%aa%e3%81%95%e3%82%93

各所、あるハズのネジが所定の数に満たなかったり・・・。

パネルを閉じればお客様には解らない・・・的な悪意を感じる仕上がりの端末でした。

1

写真の例はiPhone6Gです。↓

img_0226

極めつけは、バックメタルプレートそのもの↓が欠損していて、装着されていませんでした・・・。

img_0229

iPhone6sは、気密性の高いモデルなだけに、それらパーツが無いだけでも、通常の性能に悪影響を及ぼす可能性だって

無きにしも、です。

あと、少しのガラス割れだからとパネルが”パカパカ”なのに、修理代を渋ってそのまま使い続けていて、

結局壊れて修理依頼に持ち込むお客様も、実は多いと思いますが(笑)

表面的なダメージが無い状態でも”デジタイザ”と呼ばれる、

ガラスとバックパネルプレートの間に挟まってるパーツが壊れても

タッチパネルは不具合症状を引き起こします。

また、iPhoneは小さなパソコンですので、微塵なホコリやゴミ等でも異常の原因となりえます。

ほんのわずかな隙間でも、気にせずに数年間使っていると、それなりに手垢が内部にまで浸透してる事も

実は少なくありません。

当店では、それら微量の塵やホコリ等もメンテナンスしてお客様にお返ししております。

やはり、自分が修理したiPhoneは気持ち良くお客様にお使い頂きたいので。

ちなみに・・・。

メタルプレートそのものが付いていない6sのお客様については、

欠品パーツは全てサービスで取付けした上でお渡ししました。

omotikaeri

そのお客様に、一応、自分で修理したのか?他店で以前修理された事があるのか?

尋ねてみましたところ・・・、作業スピードの迅速さがウリ?の店で修理依頼を出した事があるとの事でした。

敢えて、そのお店の実名までは聞く気になりませんでしたが。

iPhone6s/iPhone6sPlusは、本体とパネルを合体させる際に、防水パッキンシールというパーツを貼るのですが、

そのiPhoneを開ける際にも、既に『防水パッキン』は未処理でした。

”どのお店が丁寧な作業をしているか?”なんて、お客様でも、我々のような修理業者でも、

見た目の修理済みの状態では区別ができませんから、難しいトコですね。

今日、逆に知ったのは、メタルプレートが無くても、タッチパネルの不具合は出てないようでしたので、

ソコも驚いたところです。(笑)